コストが削減できる土のう袋の選び方|扱いやすさも重要

作業者

住宅でも備えられる資材

土嚢

大切な財産を守る為

地球温暖化による異常気象により、毎年のように世界各地で大きな災害が起こっています。勿論日本も例外ではありません。ハリケーン並みの大きな台風の襲来や夏場のゲリラ豪雨など、日本でも毎年のように気象被害が報告されています。都市部で怖いのが水による「都市型水害」、また山間部では土砂災害など、私達も自身の力で災害から大切な命や財産を守らなければいけない時代になっています。そこで家庭でも容易に準備できるのが、土木資材でもある「土のう」です。土のうは麻製や布製、ポリエチレン製などの袋に土砂を詰めて使用します。作業現場では土砂の崩れの防止に使われたり、災害時には水による被害をくい止める資材として多く使用されています。

都市型水害を防ぐ

アスファルトで固められた地面が続く都市部では、行き場を失った水は地下の構造物にも容赦なく襲い掛かります。地下への水の侵入や住宅への浸水を防ぐ為には「土のう」が一番なのです。通販などで土のうを手軽に手に入れることが可能なため、建築業者にとっては土のうを補充しやすい環境が整っていると言えます。一般的に土のうは土砂を詰めて使用されますが、災害の際土砂を詰める作業は大変なこと…そんな時に便利なのが水を吸収させて膨らむ新しい形の土のうです。給水前は勿論薄い状態ですから、自宅に備えておいても場所をとりません。また一度に多くの給水土のうが必要になる場合には、子供用のビニールプールのような簡易水槽に水を張りいっぺんに給水させれば、多くの土のうが一度に作れます。また、通販で安くなる場合もあるため、土のうを多く用いる建築業者にとっても有益となります。