コストが削減できる土のう袋の選び方|扱いやすさも重要

作業者

安全な工事に不可欠

工事

用途に適したシートの種類

住宅やビルの建築・解体工事を行う際には安全第一の作業が求められるため、堅牢な足場を組んだ上に養生シートで全面を覆うのが普通です。工事現場をシートで覆うことによって周辺への材料や工具類の落下飛散が防止され、作業の安全性が高まります。粉塵や騒音を防止する目的でもこうした工事現場では養生シートが欠かせませんが、この他にも内装工事や塗装作業では別の目的から養生作業が行われています。特に塗装作業では塗料が窓などに飛散することがないよう、塗装を行う以外の場所を事前に養生シートで覆う工程が必要になるのです。内装工事や引越し作業の際には柱や壁・床を傷つけないようにする目的で、緩衝材の役割を果たすシートを使った養生が行われます。このように養生シートにも使用目的によっていろいろな機能が求められるため、用途に応じたタイプの製品を選択することが重要です。鉄筋コンクリート建造物の解体工事では、溶断の際に火花が飛び散る危険性もあることから防炎シートが使われます。住宅密集地では工事に伴う騒音を軽減する目的で防音シートが多く利用され、風の強い地域でよく使用されるメッシュシートは足場倒壊の危険回避に役立っているのです。

企業名プリントも可能

防炎シートには難燃タイプのアクリルやポリエステルといった化学繊維素材を使用している製品の他、材料の繊維に防炎薬剤を加えて加工処理を行った製品があります。後者のタイプには繊維表面に防炎処理のコーティングを施した製品もあって、いずれも高い難燃性能を発揮しているのです。防音シートは素材の密度が高くなるように製造されており、シートの厚みが大きい製品ほど防音性能が高くなります。防炎・防音機能を持つ特殊な養生シートは建築資材を扱う販売業者を通じて購入できますが、繰り返し使用することから耐久性も求められてきます。品質の良い生地を使ったシートほど耐久力に優れており、それだけ長期間の使用にも傷みにくいため結果的なコスト低減につながるものです。高品質で高機能の養生シートは工事現場の作業効率を高める成果も発揮し、多くの企業から人気を集めています。このように機能面が重視されがちな養生シートでも、最近では企業名をプリントすることで屋外広告の役割を果たす例が増えてきました。養生シートで工事期間中のPRを継続した企業は地域の中での知名度がアップするせいか、以後の工事発注数が増加する傾向も見られるのです。